山陰ローカル線の番格6 (広島電鉄宮島線/JR宮島航路/ほか)

 
◆前回まで (1) (2) (3) (4) (5) の続き◆


13:00


b0005281_2216425.jpg

ジューーー

と、ソースが焦げる香ばしい匂いが、たまらん!!
昨晩にひきつづき、お好み焼きを食しています
モグ、、、うめ


「おう!のんびり食うのはコチトラ全然かまわねえが、大丈夫なのかい?」

「おっボチボチ行きますは!
 モグ!! ごちそうさんでした」


そろそろ帰途へ着きます
サラバ広島、、、!

西へ向かって、移動!!!









 ~







b0005281_22184087.jpg

いつもなら、JR山陽本線で西へ向かうんですが、
今回は趣向を変えてみます

紙屋町西のりばから、広島電鉄で、途中までの道を行きます

昔ながらのレトロ調チンチン電車です
広電の1日乗車券をにぎりしめ、いざ路面電車に乗り込んだ!!
13:50 しゅっぱつ!!













b0005281_22185394.jpg

道路の中にひかれたレールを、ガガタン ガタンと電車は走ります














b0005281_2219369.jpg

30分も経たないうちに、専用レールに変わってきました

やっぱりこっちの方が、落ち着くね
カタタタン カタン













b0005281_22191029.jpg

海沿いを、カタン カタン


















 ============


b0005281_22192233.jpg

おおーー 早くも終点、、













b0005281_22193462.jpg

14:50 広島宮島口駅へ、とうちゃく!!
1時間ほどの、ノンビリ路面電車旅でした















b0005281_22194598.jpg

すぐ目の前はJR宮島行フェリーのりば

宮島、、、












b0005281_22195579.jpg

せっかく18きっぷ持ってるので、ちょこっと宮島まで行ってみよう

というか、船に乗りたいね
夏だし













b0005281_2220538.jpg

ということで、JR宮島連絡線に乗り込みました
ザッパーーン
たのしい!














b0005281_2220145.jpg

潮風が気持ちいいぜ!!

水面がキラキラして、きれいだなあ














b0005281_22202915.jpg

大鳥居が見えてきた











 ~






b0005281_22203873.jpg

10分ほどで、宮島に着きました!!











b0005281_22204879.jpg

おおーー 鹿さん!!












b0005281_22211837.jpg

(フェリー桟橋の方向を向いて)「行けよ」
おーーそりゃつれない!

シカたが無いので(うーーむ)、
滞在時間10分たらずで、本州へリターン















b0005281_22212849.jpg

ザバーン

宮島のひととき、というより、
船を楽しんだ感じだったね

















 ============


b0005281_22213930.jpg

JR宮島口駅
山陽本線です

食べ物・飲み物の調達もバッチリ完了
18きっぷで改札を通ります












b0005281_22215131.jpg

宮島口~下関を直通で走る(各駅ではありますが)クモハ115
これにのって、一気に九州へ向かいます!!

さあ、これより3時間半のりっぱなし
気合を入れろ!!
15:42 ガタン!!! しゅっぱつ!











 ~










b0005281_2222474.jpg

カタタタン カタン
先ほど広島宮島口駅で買った、もみじまんじゅうでオヤツタイム

モグ――
上品な甘さで、うめえ!!














b0005281_22221643.jpg

夏の瀬戸内海に沿って、カタタタン カタン
















b0005281_22222712.jpg

16:10
あっという間に山口県に入りました

広島のおとなり、岩国です














b0005281_22223846.jpg

柳井のあたり

山陽本線で随一の、海がきれいな区間です
カタタタン ゴトン

















b0005281_22224868.jpg

17:40
徳山を過ぎて、防府の山間部のあたり

このへん、ゆったりと列車は走ります
カタン カタタン














b0005281_2223041.jpg

18:00 新山口駅
10分ほど小停車するので、気分転換もかねて外に出てみました
もうちょっとで九州だ


 ~

18:12
ふたたびホームへ戻り、列車にのりこんでしゅっぱつ!!
ゴトン














b0005281_22231226.jpg

カタタタン コトン

たいがい列車旅の終わりは、ダイヤ組み合わせの関係で、夕暮れの山陰本線になります
今回もまた、夕日に向かって――つまり西に向かって、
列車は走っていきます


この、旅の終わりの夕暮れ、なんとも言えない「せつなさ」
お分かりいただけるだろうか?


















b0005281_22405080.jpg

ガタタタン カタン――



















 ============


b0005281_22233482.jpg

19:18
終点、下関駅とうちゃく!!
3時間半の列車は、正直あっというまでした

これから関門海峡を渡ります
















b0005281_22234426.jpg

19時半、九州まで戻ってきました
門司駅ホームの夕暮れ時
博多へと向かう列車を待ちながら


目を閉じてみれば、浮かんでくるのは――

 山陰本線の蒼い海、
 三江線の緑と川の風景、
 可部駅の、ぶっきらぼうだが憎めない元国鉄マンのおっちゃん
 宮島航路の、キラキラとひかる水面、、、


今回の旅も、味わい深いものになりました
一期一会、ぎっしりと密度の濃い2日間だったな


目からあふれる熱いものを拭いつつ、博多行きの列車に乗り込む、
7月の夕暮れでありました














(了)






 ============


ということで、思わず長編になってしまいました
「山陰ローカル線の番格」シリーズ
いかがだったでしょーか?


ひとつ重要なことを言えば、
「後半ほとんど、山陰 じゃなくなってるな」
ハハーーご指摘ごもっとも

気づいてましたが、ぶっちぎりました
スマン



もとい
三江線は、中国地方にひしめくローカル線軍団の中でも、
1、2を争う名路線じゃないでしょうか?

気軽に、とはナカナカいかないかも知れませんが、
機会があれば、ぜひ乗っていただきたい路線です
ずっと川沿いを走って、景色がよくてオススメですよ

列車スピードおそいけど






b0005281_2224393.jpg

「山陰ローカル線の番格 1」へジャンプ
 
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-12-28 17:35 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 筥崎宮の夏越祭 山陰ローカル線の番格5 (可部... >>