山陰ローカル線の番格3 (三江線)

 
◆前回まで (1) (2) の続き◆


16:30



b0005281_21201413.jpg

ガタタタン  ガタン

三江線の列車は、
江の川に寄り添いながら、時速15~30キロでのんびりと走っています
















b0005281_21203010.jpg

16:53
三江線の中間地点、浜原駅とうちゃく!!

列車いきちがいで数分ほど停車するので、
ちょっと出てみました












b0005281_21204318.jpg

三江線全通記念の石碑

三江線は、もともと国鉄時代、
別々の路線だった「三江北線」(いま走ってきた線)と「三江南線」とが繋がってできた路線です

全線開通の時期がもうすこし遅かったら、
それぞれ「日本海側から途中」、「山陽側から途中」までしか行かない路線であり、
両線とも、まず廃止されていただろう、と言われています












b0005281_21205575.jpg

駅舎の中

さすが浜原駅、三江線の要(かなめ)だけあって、きれいです













b0005281_21211314.jpg

17:01
さて、ふたたびしゅっぱつ!
よろしくお願いしますよ ガタ














 ~








b0005281_2121279.jpg

江の川を離れ、
山ぶかい景色の中を ガタン ゴトン と走ります

そろそろ、あの「伝説の駅」が、、!














b0005281_21213784.jpg

きましたーー宇都井駅(うづいえき)!!
地上7階のホームに無理やり階段をひっつけたという、
鉄道界における珍駅のひとつ!!

地上との高低差が、JR中 ベスト1である駅です


降りてみたいが、
列車の本数が少なすぎるので、降りれません
車内から確かめてみます











b0005281_21224665.jpg

おおーー たしかに高いところを走っているようだけど、
分かりにくい

まあ、宇都井駅は、
またの機会に、楽しみに取っておくことにしますよ
ここは、、、
















 ============


17:40



b0005281_2123529.jpg

ふたたび、列車いきちがいのため数分ほど停車

18きっぷなので、とうぜん外に出てみます












b0005281_21231881.jpg

口羽駅(くちばえき)!
ここも島根です

あたりは、一段と山ぶかい













b0005281_21233163.jpg

駅舎の中は、ピカピカ
座布団も雑誌もあって、いたれりつくせり


 ~

さて、17:55 そろそろ出発の時刻です

さあ、三江線のラストスパート
しゅっぱつ! ゴト
















b0005281_21234260.jpg

ふたたび、おおきな江の川に沿って、ガタン ゴトン

山ぶかいからか、早くも日がかげってきたように感じます














b0005281_21235272.jpg

とはいえ、7月の夕方はまだまだ明るい
大きな山あいを抜けたら、日がパァーーと差してきました

江の川の眺めを楽しみながら、ガタタタン ガタン と走ります――

















 ============


18:51



b0005281_21241064.jpg

三江線の終点、
三次駅(みよしえき)とうちゃく!!
おつかれさまでした

「全線を通して走る列車が、1日わずか3本」という、難易度ウルトラCの三江線
これにて、コンプリート!!! やりました、、!
目から思わず熱いものがこみあげてきました



 ~

しかし今日は、もうちょっと列車に乗ります
三次――広島県の北端から、いったいどこに向かうのか?
それは!!














(つづきます)
 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-12-23 22:26 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 山陰ローカル線の番格4 (広島... 山陰ローカル線の番格2 (三江線) >>