真夏の列島横断旅4 (只見線〔後半〕)

 
(災害と原発事故と世界によせて)(1)(2)(3) の続き◆


~ 2日目 13:50 ~



b0005281_21205846.jpg

会津坂下駅(あいづばんげえき)をしゅっぱつ!
ガタン

いよいよ、只見線の佳境に入る、といったところか!
期待に胸がドキワクだ











b0005281_21211492.jpg

ガタンガタン

さっそく、山の中に入ったようだ
木が生いしげる横スレスレを、列車は走っていきます










b0005281_21213790.jpg

ところどころで、田んぼがポツンポツンと現れます











b0005281_21215686.jpg

ふたたび山

トンネルを、くぐろうとしています











b0005281_2122541.jpg

トンネルを抜けて、ガタンゴトン ゴォォオオーー

!! ずいぶん高いところを走っているようだ
真下には、スギの木がたくさん立っています
 









b0005281_21222110.jpg

大きな只見川の上を渡る

少し雨がパラついてきた
全開にしている窓を、閉めるやいなや、スコールに











 
 ============


14:42 


b0005281_21223533.jpg

会津宮下駅
列車いきちがいのため、数分ほど停車

雨は一瞬つよくなったが、すぐ止んで、晴れ間が戻ってきた
山の天気は変わりやすいと言うが、さもありなん

ムシムシする








b0005281_21232082.jpg

駅舎の中
手入れが行き届いています










b0005281_21233513.jpg

しかし背後は山

14:50、ふたたび出発!!
ゴト









 ~





b0005281_21234779.jpg

只見川によりそって、ガタゴト

雨上がりで水煙が立ち込めて、いいあんばい










b0005281_2124194.jpg

橋をゴォォオオーーと渡ります

川沿いを列車は走ります











b0005281_21241278.jpg

川から離れて、田園地帯

雲間から漏れいずる太陽の光がまぶしいな














 ============


15:22



b0005281_2125892.jpg

会津川口駅

なかなか大きな駅
ここでも数分ほど停まるもよう






b0005281_21252253.jpg

ホームに戻ってみると、!!?
車掌さんが肩にかついでいる物は、もしや!?







b0005281_21253250.jpg





b0005281_21254410.jpg





b0005281_21255485.jpg





b0005281_212632.jpg

タブレット交換!!!!

ちなみに「タブレット交換」とはなにか、簡単に説明しますと、
・線路が単線で、駅で「上り列車」と「下り列車」がすれちがう区間では、
 特定の通行票(タブレット)を持っている列車しか、その区間を走れない取り決めになってます
・そのため、別の区間に列車が入るときには、車掌さんや駅員さんが、
 そこを走ってきた列車とタブレットを交換します
・なんのために、こういうことをするのかと言うと、
 単線の区間内で、列車同士がぶつかるといった事故を防ぐための、安全措置のためです


とは言っても、近代化が進んだこのご時世、
タブレット交換を行なう路線は、極めて少なく、貴重なのです
(例えば九州では、ただ1箇所、くま川鉄道でしかお目にかかることができない)







b0005281_21261493.jpg

タブレットを交換し終えた車掌さん
(輪っかの下部が、タブレット版をいれるケース)

背中がカッコいいぜ!!








b0005281_21262355.jpg

ぶじにタブレット交換を見守り終え、こちらも一安心

興奮してて、さっきまで気づかなかったが、
線路のすぐ向こうが川だ
湖みたいに広い











b0005281_21263339.jpg

ホーム内の、雪の深さをを計るのであろう計測器
このあたりの積雪量のすごさを物語っています


さて、15:30
ふたたび列車はしゅっぱつ!! ガタン







 ~






b0005281_21264436.jpg

山と川とが織り成す風景の中を、列車はガタゴト走ります












b0005281_2127463.jpg

夏の山の中を、ガタンゴトン













b0005281_21273041.jpg

ガタン ゴト











b0005281_21281341.jpg

雨が降ったり、止んだり、かと思ったら太陽がつよく照りつけたり、
天気がめまぐるしく変わってます










b0005281_21282841.jpg

それにしても、只見川ってのは大きな川だ











b0005281_21284398.jpg

湖のように広い川べりをガタゴトン
極上の気分だ












b0005281_21285369.jpg

ふたたび山を、ガタゴト











b0005281_21291372.jpg

晴れ間がもどってきたようだ

ガタンガタン――











 ============


16:12



b0005281_21293148.jpg

只見駅にとうちゃく!
これまた背後は山ぶかい、風情がある駅










b0005281_21294292.jpg

もはや相棒とでも呼びたくなる、キハ40の雄姿

16:20、ふたたびしゅっぱつ
極上の旅を、またよろしく頼むぜ! 
ガタン









 ~





b0005281_21295681.jpg

只見駅のとなり、田子倉駅ホーム
スノーシェルターの中にある、変わった駅です









b0005281_21301741.jpg

シェルターを抜けると、田子倉湖がお出まし

これから、「六十里越トンネル」という長いトンネルに入ります
その長さ、なんと6,359メートル

しばし真っ暗
ゴォォォオオーーー
ガタタタン ガタン――











 ============



16:50



b0005281_2130329.jpg

トンネルを抜け、福島県から新潟県へと変わりました
只見線の旅も、そろそろラストスパートだ

車内で、ハッピ姿の観光大使なる方々がやってきて、
「記念にどうぞ」と、只見線・記念乗車証をいただく
うれしいね













b0005281_21304575.jpg

田んぼと山とが織り成す、味わい深い風景にまどろんでいたら、
ななななんと!!!











b0005281_2131518.jpg

!!?
なんだこの建物は!! キン肉ハウスか!?

ということではなく、おそらく倉庫かなにかで、
雪の重みでつぶされないように、あのような形の屋根になっているんだろう









b0005281_21314844.jpg

いやあービックリした

似たような形の屋根をした小屋が、チラホラ











 ============


17:42 着きました、、、




b0005281_2132739.jpg

4時間半の、長かった只見線の旅も、
ようやくゴール地点に至ったもよう








b0005281_21321648.jpg

只見線の終着点、小出駅(こいでえき)!!
新潟県です
いやあーー堪能した堪能した

駅のまわりは静か




 ~



小一時間ほどして、本日さいごの列車に乗りこんだ
上越線にて南下します

18:32 しゅっぱつ!!
ゴトン








 ~




19:14



b0005281_21323778.jpg

本日の最終目的地、越後湯沢駅へとうちゃく
おつかれさまでした、、、
さすがにフラフラだ

「おつかれすーー!」
む、、、









b0005281_2133847.jpg

ホームでは、新潟美人がお出迎え
ねぎらいの言葉が、ありがたい

しかし、とにかく腹が減った










b0005281_21335817.jpg

駅そば「湯沢庵」
ここで晩ゴハンと、しゃれこもう

もはや食べ物屋を探す体力も気力もないし、
「駅そば」ってのは、大体においてハズレというものがないからね









b0005281_21341643.jpg

せっかくなので、「雪割そば」という、雪国らしい名前の蕎麦を注文
みぞれと梅が特徴的

ズルズル――これは、うまい!!
またたく間にたいらげた
水もガボガボ飲む





 ~



ゴハンを食べた後は、宿だ

昨日は夜行列車の中で寝たので、丸二日間ほとんど列車に乗りっぱなし
さすがに今日は、横になって眠りたい――ということで、
近くの健康ランドに移動、投宿


、、、一心地ついたところで、意識がモウロウとしてきた
やがて視界がホワイトアウト

ムニャムニャ――











(つづきます)

 
 
 
 
[PR]

by dolmens | 2011-10-11 22:12 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 真夏の列島横断旅5 (土合駅/ほか) 真夏の列島横断旅3 (只見線〔... >>