盛夏に深緑の山を走る2 (豊肥本線)

 
前回 の続き◆


b0005281_1234022.jpg

はーーるーーーーこーーおーーーろーーおーーのーーーー

というわけで、やってきました岡城!!
「荒城の月」の舞台になった地です

足元のフチが切りたっていて、すこし危なっかしい








b0005281_1235425.jpg

岡城といったけど、正確には城址です

巻物になっている入場券
ひも解いてみると、中は岡城の案内書になっている









b0005281_124665.jpg

入り口で借りた杖を突いて、
フウフウ言いつつ、休みつつ、歩を進めていきます









b0005281_1241752.jpg

だいぶん高いところに登ってきたなあ
ここで一休み

左足は、治療7ヶ月を過ぎた頃合いであり、
まだまだ引きずりながら歩く状態です









b0005281_1242752.jpg

竹田の山々を、見わたす
アブラゼミの鳴き声が、けたたましい
夏の盛りだなあ

すっかり汗だくになった


「ほんと、暑いですよね」

むっ?どなたか呼びましたか?


「うしろです」

!!?









b0005281_124377.jpg

あ、あなたはーーー!?









b0005281_1244775.jpg

もしや!?










b0005281_125766.jpg

滝廉太郎!!

言わずと知れた、荒城の月の作曲者です


夏空の下、流行りのクールビズ・スタイルではなく、
びしっと正装できめているあたり、さすが!!!










b0005281_1254614.jpg

がけっぷちに白百合が咲いている

このひろい岡城跡、
まわりは断崖ゼッペキで、防護柵などは皆無、
けっこうスリリングな場所です










b0005281_1255670.jpg

広場になっているあたりは、でかい杉の木が立っています
ここも広いなあ


小一時間ほど経ったので、岡城はこれにて退却









 ============






b0005281_126828.jpg

往時の、城下町の風情が残る、殿町武家屋敷跡











b0005281_1263129.jpg

脇道をそれて小道をゆくと、
キリシタン洞窟礼拝堂

戦国時代末期のもので、ドーム状の祭壇になっています










b0005281_1264123.jpg

けっこういい時間になってきたので、駅へと戻ります

移動は、駅に併設している観光案内所で借りた、電動自転車です
ちなみに「自転車をこぐ」ことについては、主治医の許可済み
無理はするな、との条件付きで

モーターが付いてて、坂道でも力が要らないのは助かる
半分バイクみたいなものだね








 ~



14:00



b0005281_1265336.jpg

駅に戻ってきました








b0005281_127425.jpg

ふたたび赤いビビッド・カラー汽車!!

豊肥本線随一のローカル線区間、豊後竹田~宮地間に、これより挑みます
胸がドキワクだ!!!

しゅっぱつ!!
ガタン!








 ============




b0005281_1271436.jpg

ゴォォォオオーーー

竹田の町を後にし、トンネルを抜けると、、、










b0005281_127244.jpg

いっきに、山!!










b0005281_127332.jpg

前方に、ホームが見えてきた
玉来駅(たまらいえき)

ここでは降りずに、そのまましゅっぱつ
もし降りたら、次にくる列車は何時間後か、、、






 ~






b0005281_1274364.jpg

ひたすらに山の中を、ゴトンゴトン走る!!










b0005281_1275319.jpg

ガタン ゴトン

右も山、左も山で、
ある意味、景色も何もあったもんじゃないです
分かりやすいぐらいに、山のなか

豊肥本線、しぶすぎる









b0005281_128515.jpg

トンネルの数も、相当に多いよ










b0005281_12204180.jpg

深緑の中を、ガタゴト










b0005281_1221564.jpg

木の枝が汽車にバチバチ当たる
アトラクション級のスリリングな路線

ディズニーランドやスペースワールドもびっくり








 ~






b0005281_12213790.jpg

ガタタタン ガタン

すこし、空がひらけてきた









b0005281_12215453.jpg

ホームが見えてきた










b0005281_12221160.jpg

14:50
波野駅(なみのえき)ホーム!!

構内の手書きカンバンによれば、
ここは九州で一番標高がたかい駅で、なんと海抜754メートルもあるとのこと
前回の久大本線・野矢駅以上の高原駅というわけです

しかし、ここでは降りられない
列車本数が激すくないため、、、









 ============






b0005281_12222636.jpg

橋を、ゴォォーーーと渡る

九州随一の高原エリアだけあって、
線路の敷設状況も、すさまじいことになっている










b0005281_12223832.jpg

木の枝よけのトンネル

あらためて考えてみると、豊肥本線、すごいところに路線を通したもんだなあ









b0005281_12232461.jpg

トンネルの向こうに、トンネルが見える
そのまたさらに向こうにも










b0005281_1223365.jpg

かなり多くのトンネルをくぐり抜けて、
ふたたび渋い景色の中を、ガタンゴトン疾走します









 ============




15:00





b0005281_12234959.jpg

カタタタン カタン
どうやら、山岳エリアを通り抜けたもよう










b0005281_1224413.jpg

15:10
宮地駅にとうちゃく!!

超難関エリアを、これにて走破









b0005281_12241418.jpg

ホームには、観光列車「あそ1962」の姿が









b0005281_12242968.jpg

宮地駅には、転車台もあります
(SLをのっけて、向きを変える装置)










b0005281_12244512.jpg

駅舎の入り口
しめ縄が掛けられていて、おごそかな気持ちになります

さて、1時間ほど列車の待ち時間がある
駅前にちょうどバスが停まっていたので、すばやく乗り込みました


向かう先は、、、!!










(つづきます)
[PR]

by dolmens | 2011-09-22 00:15 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 盛夏に深緑の山を走る3 (豊肥本線) 盛夏に深緑の山を走る1 (豊肥本線) >>