盛夏に深緑の山を走る1 (豊肥本線)

 
◆2010年 7月末のある日◆

AM6:20


b0005281_1722536.jpg

モハようございます
ここは小倉駅です








b0005281_17222832.jpg

前回の久大本線に引き続き、
18きっぷリハビリ足リハビリ旅、第2弾!!

本日のメイン・イベントは、豊肥本線(ほうひほんせん)!!
九州のど真ん中を、東西に端から端まで連絡する路線で、
「阿蘇高原線」の愛称を持っています


ということで、はたまた杖を片手に、
これから日豊本線に乗り、南下します

行ってきます!!!!








 ~





b0005281_17224077.jpg

ガタンゴトン
中津駅を過ぎたあたり

時刻はすでにAM8:00
空はすっかり明るくなってきました








b0005281_17243151.jpg

夏空の下、田園風景がつづきます
しばらくノンビリ、ガタゴトン







 ~





b0005281_1725153.jpg

AM8:15
U・S・A(ユー・エス・エー)こと、宇佐駅
車内から

日豊本線のこの辺りは、のどかで良いです










b0005281_17252863.jpg

ふたたび出発して、山間の田園地帯をガタンゴト












b0005281_17264918.jpg

しばらくすると、別府湾が見えてきた

だんだんと、南国めいた華やかなムードが出てきました







 ~





b0005281_17271788.jpg

AM9:10
別府駅にとうちゃく
ホームにて、数分停車につき一休み――

、、、む!?
あ あれは!!!!!!









b0005281_17273319.jpg

ホームに、ブルートレインの客車が!?
なぜに!?

JR九州の「ブルトレ・リバイバル企画」の関係かなにかで、走っているのだろうか?
戸惑いつつも、コチラは再びしゅっぱつ!!
ガタ












b0005281_17275153.jpg

しばしの間、別府湾を左手に眺めながら、列車は走ります

ちょっと雲がでてきたね











 ============


AM9:30




b0005281_1728873.jpg

――さあ、乗り換えの駅に、着きました
小倉からずっと一緒だったこの列車とも、ここでおさらば
ありがとー!









b0005281_17282050.jpg

大分駅!!
さすが、巨大な駅舎です









b0005281_17283295.jpg

構内にあった、これまた巨大なカゴ
なんだこれ?









b0005281_17285173.jpg

構内にあった、アキバ系女性とアキバ系男性の集団
なんだこれ?


と思って、受付の文言に目をやると――


「鉄道ファンと鉄道アイドルが一緒に旅をする、アキバトレイン」!!??
さっき別府駅ホームで見かけたブルトレは、これだったのか!?

ううーむ、、、しかし、
この両者をセットにするか、、、?

疑問を呈しつつも、どうやらブルトレは満員御礼のもよう









b0005281_1730516.jpg

一方こちらは、
方言まるだしの「特急ソニック」のチラシ棚


ところで、これから挑む豊肥本線の乗り口は、どこかな?
大分駅は高架工事がなされて、のりばが複雑に入り乱れています









b0005281_1731712.jpg

大分駅の裏口に出てきた

さきほどの正面口と比べると、じつに小じんまりしている









b0005281_17312197.jpg

細い通路を歩いていくと、、、









b0005281_17313437.jpg

高架ホームに出てきました
豊肥本線と久大本線が、ここで発着します










b0005281_17315335.jpg

たたずんでいると、真っ赤な汽車が入線!
キ・キ・キーーー ガタン
プシューー

このビビッド・カラー列車に乗って、
これから、初・豊肥本線に挑みます!!

AM10:10、西へ向かってしゅっぱつ!!
プシューー ガタン











 ============






b0005281_1732923.jpg

ウヲヲーー豊肥本線!!
山の中を、ガタゴトンと走る!!









b0005281_17324242.jpg

ガタン ガタン
ひたすらに、山・山・山!!










b0005281_17325533.jpg

ガタン ガタタン

トンネルの入り口が、四角い独特の形をしています









b0005281_1733740.jpg

トンネルをいくつか抜けて、やや平地がひらけてきた







 ~




10:50



b0005281_17332556.jpg

列車いきちがいのため、数分停車します

太陽がジリジリと照ってきた









b0005281_17333984.jpg

ここは、菅尾駅








b0005281_17335870.jpg

木がまだ新しい、駅舎の中









b0005281_17545875.jpg

駅前は、しずかな佇まい

さて、ふたたびしゅっぱつ!!
ゴト










b0005281_17371233.jpg

あいかわらずの山の中を、ガタンゴトンと疾走!!

一両編成の列車の中は、ほどよく空いています
地元の人とおぼしき方から、「旅ですか?」と声を掛けられる
しかも2回

「ええ、旅です」
「そうですか!」
と、やりとり











 ============



11:30
どうやら、目的地へとうちゃくしたもよう――





b0005281_17372977.jpg

豊後竹田駅にとうちゃく!!

ホームに、
”はーーるーーこーーおーーーろーーおーーのーーー”と、
「荒城の月」のメロディが流れる

竹田は、滝廉太郎が、幼少の頃をすごした地でもあります









b0005281_1738051.jpg

七夕かざりが、夏風にそよぎます








b0005281_17382019.jpg

でっかいカボスがあるな、と思って良く見たら、
なんと、かぼすのベンチ









b0005281_17383822.jpg

改札口へむかう通路に、トンネルギャラリーと称して写真展示がなされている

さすがは山をはしる豊肥本線









b0005281_1739253.jpg

枯山水をほうふつとさせる、ホーム内の庭









b0005281_17394127.jpg

豊後竹田駅の駅舎は、
まるで本物の城かと見まがうがごとき、荘厳なたたずまい
情緒があります


――さて、
次の列車が出発するまで、待ち時間が2時間半


なんせこの豊肥本線、
中間地点である「東側・豊後竹田駅」~「西側・宮地駅」間をむすぶ普通列車の数が、
1日わずか4~5
18きっぷ利用者泣かせの路線でもあります
だからこそ、挑みがいもあるわけですが、、


とはいえ、2時間半もボンヤリ駅で待っているだけ、というのも芸がない
ならば、あそこに行くしかねえ!!

「どこに向かうのか!?」
答えよう!
それはーーーー!!











(つづきます)
   

 
[PR]

by dolmens | 2011-09-20 19:05 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 盛夏に深緑の山を走る2 (豊肥本線) 初夏に高原を走る2 (久大本線) >>