初夏に高原を走る2 (久大本線)


前回 の続き◆


14:10

海抜543メートル、
セミの鳴き声がひびき渡る、野矢駅のホームに戻ってきました




b0005281_019480.jpg

――カタン カタン

JR九州のローカル線ではお馴染みの、黄色い気動車がやってきました

キ・キ・キーーー プシューーー
西方面へ向かう列車に乗り込んで、いざしゅっぱつ!!







 ~




b0005281_0191818.jpg

「ゆふ高原線」の愛称をもつ久大本線

その山ぶかき線路を、ガタンゴトン進む!!








b0005281_0192868.jpg

山と!!








b0005281_0194010.jpg

川と!!








b0005281_0195039.jpg

田園風景とが!織り成す、夏のシンフォニー!










b0005281_0195921.jpg

開け放った窓から吹き込む風が、心地いい











b0005281_0201241.jpg

目的地が見えてきたもよう――








 ~





14:40



b0005281_0202415.jpg

着きました、、、!








b0005281_0203836.jpg

豊後森駅(ぶんごもりえき)!!

日田駅とならび、久大本線における重要拠点のひとつです







b0005281_0205319.jpg

構内はのどかな雰囲気で、じつに落ち着きます









b0005281_0212960.jpg

看板の絵も、いい塩梅








b0005281_0214263.jpg

モー








 ~






b0005281_022071.jpg

駅前

3頭身の桃太郎と、鬼の像
ズングリしているな


気を取り直して、数分ほど歩いて移動します













b0005281_0221449.jpg

見えてきた――









b0005281_0222874.jpg

鉄道遺産、豊後森機関庫!!

豊後森駅の裏手にあります

これまで久大本線に何回か乗って、車窓から眺めて存在だけは知っていました
が、じっさいに目の当たりにするのは初めて







b0005281_0225416.jpg

まずは、構内の看板に目を通す

かつて国鉄時代、
となりの恵良駅から豊後森駅を経由して、宮原線(みやのはるせん)という線が走っていたとのこと

これが中々の赤字線だったらしく、ある筋では有名な路線です
イマハシも、名前は耳にしたことはあります








b0005281_023655.jpg

転車台
蒸気機関車が全盛の時代を忍ばせる

旧・豊後森機関区の最盛期には、
扇形機関庫に、SLを25両も収容していたそうです










b0005281_0231849.jpg

まさに、
「夏草や つわものどもが 夢の跡」
の風景








 ~







b0005281_0232915.jpg

さて、豊後森駅ホームに戻ってきました

15:10
ふたたび西へ向けて、しゅっぱつ!!
ガタン








 ~




ガタゴト揺られながら、ぼんやり車窓を眺めていると――








b0005281_0234238.jpg

、、、、、、!!!
あの うしろ姿は、もしや、、、!?


さっき豊後森駅前にいたズングリ桃太郎と、
何かしらの因縁めいたものがあるのを感じます









b0005281_0235243.jpg

いぶかしく思っていても、列車は走ります
ゴォォオオオーーー

岩がちで、無骨な表情の三隈川










b0005281_024419.jpg

本日2度目の天ヶ瀬駅ホーム
太陽がまぶしいな

数分停車したのちに、出発









b0005281_0241630.jpg

ガタンガタン









 ============



16:10




b0005281_0242941.jpg

リニューアルした、夜明駅(よあけえき)
列車いきちがいのために、10分ほど停車

ここは、久大本線と、北からやってくる日田彦山線との合流駅でもあります


夜明駅は新しくキレイになりましたが、無人駅です
改築前の風情ある夜明駅を知っている身からすれば、
どうしても一抹の寂しさを覚えてしまいますが――








b0005281_0244086.jpg

以前とおなじ駅看板が掲げられているのは、嬉しいことではあります










b0005281_0245854.jpg

駅舎の中は、さすがきれい








b0005281_0252259.jpg

、、、しかし、駅訪問者ノートに描かれてあったこの絵は、
まったくもって意味がわからん


 木の上のネコ 「ヒャーたすけて」 (※下にヘビがいる)

 下のネコ   「大丈夫だよ」

 コメント   「なにがあっても大丈夫!」





――だれか意味するところを解説してくれ

右端に「あいさつ」と書かれてるのも、謎だ








b0005281_0253444.jpg

首をかしげつつも、
気を取り直して、夜明駅をしゅっぱつ!!

16:20 ガタン!







 ============







b0005281_0254515.jpg

あれだけ急流だった三隈川が、たおやかな流れに変わってきました









b0005281_0255698.jpg

田主丸駅ホーム

久大本線の旅も、もうすぐゴールだ









 ============




久留米駅でスピーディに列車を乗り換え、





b0005281_026670.jpg

鹿児島本線







b0005281_0271129.jpg

17:40
原田駅(はるだえき)

駅前にて

18きっぷ旅リハビリも兼ねた久大本線リトルジャーニー、
これにて完了!!


、、、ラストは端折った上に、久大本線じゃなくて鹿児島本線ですが、、、
ちょっと用事があったのでね








b0005281_0272445.jpg

「おつかれさまでした」

あっどうもーー









 ============



というわけで、
ひさしぶりの久大本線は、やはり良いものでした

博多からもほどよく近く、景色もグッド
難易度もそこそこ高く(じつは全線とおして走る列車は少ない)、
フェイバリット路線のひとつです



豊後森機関庫は、初めて訪れました
巨大な機関庫を目の前にして立つと、じつに感慨深い気持ちになります

ちなみに豊後森機関庫、近代化産業遺産としての登録がなされています
機銃掃射の痕や、割れた窓ガラスなどが、時代を感じさせます

一見の価値アリですよ



リハビリの目的は、ばっちり達成できたと思います
ありがたや久大本線
また来よう








(了)




「初夏に高原を走る 1」へジャンプ

 




b0005281_0275228.jpg


[PR]

by dolmens | 2011-09-15 22:17 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 盛夏に深緑の山を走る1 (豊肥本線) 初夏に高原を走る1 (久大本線) >>