五月晴れで山口 (山陰/山陽新幹線)

 
前回 の続き◆


b0005281_15543743.jpg

長門市の西部に位置する、油谷(ゆや)へ来ています








b0005281_15545033.jpg

東後畑(ひがしうしろばた)の棚田

「だんだん畑」の向こう側には、
北長門海岸国定公園――通称・海上アルプスと呼ばれている青い海が、
広がっています





b0005281_1555412.jpg










b0005281_15551884.jpg

背後を振り向いてみても、やはり棚田
そして山








 ~





b0005281_15553472.jpg

移動して、千畳敷へ










b0005281_15554529.jpg

千畳敷から少し下ったところにある、菅無田公園(すげむたこうえん)








b0005281_155607.jpg

ツツジの名所でもあります









 ~





b0005281_15574313.jpg

山陰本線、油谷の山あいの平地をひた走る、キハ47系

帰途へとつく移動中に、ぐうぜんに遭遇!









 ============





b0005281_15582013.jpg

厚狭駅の新幹線口

博多へ戻ります








b0005281_15583513.jpg

ものすごく久々に、新幹線というものに乗る








b0005281_15584985.jpg

ホームへ上がると、N700系?が!
あれが「のぞみ」か!

とか思ってたら、数秒で通過していった
当然のことながら、厚狭駅はスルーパスしていきます


しかし、新幹線のことは、
名前も含めて、よく分からん

そんなぐあいにボヤいていると、、、









b0005281_160441.jpg

!!

来ました!
これから乗る「こだま」








b0005281_1601719.jpg

なに系、と呼ぶのかイマイチわからないですが、
0系(ダンゴ鼻)の次世代~次々世代あたりの車両だと思われます

なんだか旧態然としている外見ですが、
個人的には、カモノハシ顔よりかは愛着が持てます







b0005281_1613898.jpg

サイド・カラーは、黄ミドリ色








b0005281_1622697.jpg

いざ乗り込んで、発車








b0005281_1632156.jpg

ローカル線のような車窓の風景は楽しめそうもないが、
山陽新幹線は高架を走るので、高いところからの景色を味わうことはできます

トンネルも多いけど








b0005281_1634154.jpg

ガタガタン ガタタン

「こだま」とは言え、さすがは新幹線
速い!








b0005281_164324.jpg

ガタガタタン

もう小倉









b0005281_164272.jpg

と思っていたら、もう博多
1時間とかからなかった

新幹線はじつに速いな








b0005281_1644258.jpg

ホームにて
のぞみ~こだま別の車両編成が記されている看板

16両編成の「のぞみ」に対し、
われらが「こだま」は4両編成でした








b0005281_1645491.jpg

シャレオツ極まりない、新幹線の駅構内
クールな内装ですね



生命の息吹あふれる5月、
九州新幹線の全線開業を来春2011年にひかえた、再誕前夜の博多駅でもあります







(了)



 

 ============



b0005281_1651623.jpg


 
前編 「五月晴れで山口 (山陽)」 へジャンプ
 

 
   
[PR]

by dolmens | 2011-08-22 17:51 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 五月の影と陽光 (津屋崎駅/西... 五月晴れで山口 (山陽) >>