山口の鉄道は山陰本線だけにあらず 2


前回 の続き◆

16時すぎ


b0005281_12413561.jpg

岩国駅から山陽本線にのり、
【宇部】駅へ到着


前回のレール火事のドタバタで、けっきょく昼ごはんを食べそびれ
かなり腹へった

駅を出て、近くのスーパーに弁当を買いに行く

ホームで食べる
遅めの昼ごはん




 ~




16:38
ごはん食べて、充電完了したところで!!




b0005281_0282237.jpg

列車きた!
これから南下します

しゅっぱつ! ガタン








 ~



b0005281_12475659.jpg

宇部~小野田の町なかを、ガタゴト走る










b0005281_1252117.jpg

10分ほど走ったところで、ジャンクション駅【居能】へ到着








さて!!



b0005281_12524842.jpg

これから行くのは、
山口のいぶし銀ローカル線、小野田線 だ!!

全区間で15kmにも満たない、こじんまりとした路線だが
非常に楽しみにしていた
なぜなら、


「プァアーーーン」 お 発車するみたい
ひとまず乗車、しゅっぱつ!!

17:02 
ゴトン








b0005281_1256465.jpg

川の向こうに、工場の煙突がたくさん見える

ガタンゴトン




 ~


数分で、【雀田】駅へ到着

3分で別方面行き列車に乗りかえ、ふたたび出発!!
17:14 ゴト





 ~






b0005281_1301112.jpg

田園の風景
夕方の、夏の光がまぶしい

カタンカタン











 ============

17:19


b0005281_1332332.jpg

雀田駅から、わずか5分で終点に到着
つ ついた、、








b0005281_14131578.jpg

【長門本山】駅だ!

正真正銘、終着駅だ









b0005281_14142212.jpg

このスカスカダイヤ!!
朝2本、夕方3本!
見てるだけで、こうフツフツと燃えてくるぜ

難易度たかい、このダイヤで 無事に終着駅までたどり着けたことが
非常にうれしい











b0005281_14164650.jpg

終着駅にふさわしい、ひなびた風情

夏の夕暮れ、ひときわ濃くなった青空が
白い列車に よく合うなあ




おなじ列車にまた乗って、これから折りかえし戻ることになるわけだけど
まだ25分ほどあるので、
あたりをブラブラ









b0005281_14224233.jpg

公民館の広場のようなものがあり、
祭りの準備をしていた










b0005281_14235461.jpg

その先には海が広がってる

空がだいぶん濃くなってきたな
そろそろ、列車の出発時間だ









b0005281_1425520.jpg

ふたたび長門本山駅

17:45 出発!!
ゴト






 ~




b0005281_14271624.jpg

また5分ほどで、すぐに雀田駅へ到着
本日2回目









b0005281_14282549.jpg

今度は少し時間があるので、ぶらぶらしてみる










b0005281_14293473.jpg

この雀田駅、ホームはめずらしい三角構造だ









b0005281_14302541.jpg

三角ホームの先に立ち、反対側から
見れば見るほど、奥が深いホーム構造だ



そんなこんなしてるうちに、出発時刻になったみたいだ

18:09 しゅっぱつ!
ガタ






 ~




b0005281_14323891.jpg

すっかり夕方だ
カタンコトン









b0005281_14331767.jpg

18時半
【小野田】駅にとうちゃく!!

これにて小野田線、完乗!!
感慨深いものだ



今回の旅は、なんだか あっと言う間だったなあ

ゆったり観光路線であるはずの錦川清流線が レール火事騒動で賑やかしくて
工場地帯を走る小野田線が、意外とノスタルジックで感傷的な風景だったのが
なんとも不思議だった

いろんなことが あるもんだなあ











 ============



ということで
ドルメンズ 『銀河鉄道キハ』シリーズ
2009年の部は、本日でup納めです
ありがとうございました


このホムペは、ネオ文系ロックバンド・ドルメンズを
側面から知るためのお役立ち情報サイトなわけで
(断じて鉄道サイトではないので、誤解なきよう)
本業、ドルメンズの音楽活動のほうは、
今年いっぱい色々できたおかげで、ようやく活動の基盤を作ることができました

来年は、その活動が いろいろ広がっていくことになるので
忙しくなりそうだが、そのじつ楽しみで楽しみでしかたないです
来年もいろいろありそうだな


2010年の年明けは、いきなりスタートダッシュだ!!





 ~


●1月9日(土)●
ドルメンズpresents 『ドッキンポエム8』
cafe and bar gigi  
 福岡市中央区渡辺通り1-8-3 アーバン渡辺通り202
・投げ銭+1メニューオーダー制
・19:30開場/20:00スタート

<出演>

桝本航太(広島)
1984年愛媛県出身。瀬戸内発のモダンフォークロア。季節感~温度等を内包する歌。日本中を放浪したのち、自身のルーツである瀬戸内の原風景を求めて19歳で沖縄の離島から尾道へ移住。2008年にはQUICKJAPAN選出による次代を担う100人に選出され、毎月に及ぶ国内ツアーはもとより、日本最大のインターナショナル即興音楽フェスFESTIVAL BEYOND INNOCENCE などに参加。イースタンユース主宰の極東最前線参加などオルタナティブな動きはさらに加速を続け、 柔軟な変化を続けている。

切り取った耳
ギター、鐘、笛、弓弾き鉄琴、謎の金属などを奏で、童謡めいた不思議なメロディにのせて、どこかいびつな物語を歌う。ときに、誰も知らない言葉で歌うが、これは異国の岸辺、異国の葬列でいつか歌われた歌の断片であろう。壊れた楽器を弾くための秘密の運指法を夢の中で探している。少年の声、溺れ死んだ船長の声、魔女の声、パタリロの声、絶滅した獣の声、隕石の声で歌う。

イマハシリョヲタロウ
錯綜するメランコリアとアバンギャルド、破壊とロマンチシズム。グランジ~サイケ・ロック~フォーク路線を爆走するネオ文系ロックバンド「ドルメンズ」車掌。
過ぎ去っていった黄金時代、往ってしまったあの子、そしてやがて失われる全てのものごとにまつわる新しいブルースを歌う。ナイフのように切れ味鋭い言葉とギターで、全ての迷いを、思春期を、地球幼年期を鮮やかに切り裂く!


<ドッキンポエムとは?>
血走った弾き語りと詩の朗読!心臓バクバクのネオ文系イベント!
出演者に課せられた条件は、30分の持ち時間の中で必ずひとつは詩の朗読をすること。
お代は「投げ銭制」なので、お店で飲み物をひとつ注文した後は、出し物が気に入ったらおひねりを下さい。つまらなかったら、思いっきり無視しちゃってOKよ。




●1月23日(土)●
墓場戯太郎企画
白金ELIZABETH COLLAR
 港区高輪1-27-47 2F
・16:00 open/ 17:00 start
・料金:前売1,500円/当日2,000円(要1ドリンク注文)
【出演】
 ドルメンズ(from福岡)
 墓場戯太郎ORCHESTRA
 MATTHEW,THOMPSON&BURTON
 ほか1バンド



●1月24日(日)●
山口土下座企画 『レッツ★チャンポンナイト vol.1』
@八王子パパビート (八王子市三崎町2-7 ヨーロービル 2F)
・18:30 open/ 19:00 start
・料金: 1,500円+要1ドリンク注文

出演
【むさしの】
ストレートなギターロックサウンドの中に隠された、とんちの効いた歌詞と、物悲しい歌声。
ブルースを感じさせる男の生き様と、古きフォークロックを感じさせる安心感、心地よさ。
とても20代の若者がやっているとは思えない老成された音楽です。
でもパンクロックです。
酒にまぶされた少年の泪が、お化け達の宴へとご招待いたします。

【あべたかしGOLD】
ピースフル&ソウルフルフォーキーバンド(しかし1人)、あべたかしGOLD。
まるで陽なたぼっこをしているかの如く、芯までポカポカ温まる歌&ステージ。
そのつど、ピアノやカホン、ギター、ドラム等、サポートミュージシャンを加えて楽しくお届けしております。
「明日仕事に行くのが嫌だったけど、なんだかやる気がわいてきたわぁ」との婦女子の声多し。
疲れた方の心の温暖化に、あべたかしはご協力いたします。

【ドルメンズ(from福岡)】
「錯綜するメランコリアとアバンギャルド、破壊とロマンス」
グランジ~サイケデリック~フォーク路線を爆走するネオ文系ロックバンド。
異様な臨場感で、会場を歌世界に連れ去る。
凄まじい音の熱量と、一瞬たりとも目が離せない衝撃的なステージは必見。
・2008年6月、現メンバー編成で福岡を拠点に活動開始。
・自主企画シリーズ 「シューゲイザーくんとスターゲイザーちゃん」(ライブイベント)、
 「ドッキンポエム」(自作詩の朗読、弾き語り、etc.)主宰。

【山口土下座バンド】
「まるで人生はお酒を飲むためできている」をスローガンに掲げる、酔狂酔いどれシンガー。
ジョッキを片手に、楽しく酩酊の宇宙へとお供いたします。
時に絶叫系、時にトラッドフォーク、時にメロウな泣きのバラッドと、レンジの広い音楽性は広く評価されている。
2009年8月に待望のファーストミニアルバム「山口土下座の登場」をリリース。今後の活動に期待がかかる。
今回は、ピアノ:木内友軌、ベース:原田光(from 唐草猫)、ドラム:沖田優輔(from 馬浪マラカス団)…と
豪華面子でバンドで演奏。



●2月7日(日)●
@king bee (福岡市中央区天神)
【出演】ドルメンズ/ゲイリーゲラー/and more?
※ 詳細後日






来年は、ドルメンズ 『銀河鉄道キハ2010』になって戻ってきます
それではまた

よいお年をーー☆








b0005281_15111778.jpg


[PR]

by dolmens | 2009-12-27 15:11 | ◆ 音楽と僕ラ (メイン) | Comments(0)  

<< 賀正ゥゥゥウウ!! 2010 山口の鉄道は山陰本線だけにあらず 1 >>